Welcart在庫の有無で一覧表示を変更

Welcartプラグインは、WordPressがカンタンにECサイトに変身できる魔法のプラグイン!
テーマも用意されているのでそれを利用すれば簡単にネットショップサイトが作れる!

のですが。

今回は自作テーマでWelcartを利用したかったので、その時どうしてもカスタマイズしなくてはいけなかった部分を記載しておきます。例のごとくフォーラムなどを巡りなんとか希望のコードに辿り着いた。
条件が色々ありました。

  • 登録されている、あるカテゴリの商品の一覧を表示させたい
  • その商品の在庫が無い場合は無いと表示、在庫があれば購入可能だと表示したい

 

<ul>
        <?php query_posts('cat=2&status=post&posts_per_page=50&order=ASC'); ?>
        <?php if (have_posts()) : while (have_posts()) : the_post(); ?>
        <?php
    usces_the_item();
    usces_have_skus();
?>
        <?php if (usces_is_skus()) : ?>
        <li><a href="<?php the_permalink(); ?>">
          <?php usces_the_itemName(); ?>
          </a>&nbsp;
        <?php endif; ?>

          <?php
    usces_have_skus();
	$zaikoNum = usces_the_itemZaikoNum('return');
	if ($zaikoNum==0)	{
	echo '<span class="text-danger">在庫なし</span>' ;
	}
	else{
	echo '<span class="text-success">購入可能</span>' ;
	}
  ?>
        </li>
        <?php endwhile;
endif; ?>
</ul>

こんな感じでした。
お買い物プラグイン、最近はWooCommerceがAutomaticと一緒になったとのことで、WooCommerceもちょっと掘り下げて見ておかないとなぁと思いました。
7月のWordBench奈良ではWooCommerceがテーマでした。
いま構築中のショップはWooCommerceを利用してみるつもりなので、また詰まったところなどあれば書いてみようと思います。

この記事にコメントを残す