3ヶ月の職業訓練「WEBクリエイターコース」で学べること

あの頃はまだ20代だった・・・その昔お仕事を辞めた時のこと、
つまり30歳未経験からWeb屋さんになった最初の一歩となったときのことを書いてみます。

ずっと「会社を辞めるなんて無理だ」と思っていましたが、組織力が崩壊した会社に絶望して勇気を出して辞めました。
周囲が先にぐんぐん辞めていったので、本当に決断できなかった当時の私、とても臆病になっていました。

臆病の理由の大部分は「他に行っても何もできないんじゃないだろうか」という不安でした。

それを解消するために「手に職」が欲しいと思い、会社をやめてすぐ短期職業訓練へ行こう!とハローワークへ行きました。

当時、IllustratorとPhotoshopをちょっとだけ触ったことがある(ファイルを開いて少しなんか配置できる)程度でした。
そんなのじゃ就職ができないと知ったのは、求人情報を見始めてから、という不安だけはある危機感のない考え方でした。

職業訓練コースは、実際通う学校に赴いてテストを受けました。
簡単なテストと、志望動機などを書いて、11月初旬にテストを受け、前半~半ばに発表です。
ものすごくたくさんの人が受験されていて、合格の通知をいただくまで不安でたまりませんでした。

そして、3ヶ月間。
大阪福島区にある、創造社デザイン専門学校の職業訓練コースでお世話になりました。

料金は、教科書代に1万円くらい一括で払ったような気がします。

3ヶ月の職業訓練の内訳

数年前といまは訓練コースそのものも変わっているので参考程度に。。。しかも記憶もうすれているので掘り起こしてみます。

  1. インターネットの歴史から、HTMLとはなにか、など
  2. ソフト(CS5)の基本的な使い方
    • Illustrator
    • Photoshop
    • Fireworks
    • Flash
    • Dreamweaver
  3. 制作実習
  4. その他職業訓練(面接や履歴書の書き方の指導など)

1.概要

職業訓練の初日は、HTMLの開発者はティム・バーナーズリーという人であることや、ブラウザの初登場が1990年であったこと、など、Webとは何かということを教えてもらいました。
SEOとはどういう意味か、SNSとは、ペルソナやターゲット、本当に様々なことを伝授いただきました。

2.ソフトの使い方

各ソフトそれぞれ3日〜5日のカリキュラムだったような気がします。
IllustratorもPhotoshopもペンツールの使い方は半日くらい取ってくれた記憶があります。FlashはActionScriptも少しさわりを教えてくれました。
DreamweaverはXHTML・CSS2.0と同時に教えていただいたんだったと思います。

3.制作実習

グループに分かれてデザインからプレゼン、制作まで。
本当に制作会社で働いたらこんな感じかなぁって妄想しながら、みんなで手分けしてコーディング。

4.職業訓練系の時間

職業訓練に関すること色々ありましたが、面接の指導や職務経歴書の書き方のアドバイスもいただけました。ありがたかったです。

このコースを卒業した頃には「ネットショップが開業できるかもしれない」なんていう夢をみながら入校。
毎日10時から17時までのカリキュラムにあずかったものです。年末年始を挟むということで、18時までの日もたまにありました。

最近、この頃のメモを書いたノートを振り返りましたが、学んだことは本当に役立つことばかりです。
いまWEB制作について詰まった時に、目先のことばかり調べて検索していることが多いですが、この頃のノートをみると、近視眼的になっていることにはっとさせられます。

資格

職業訓練を受けている時に、国試、ウェブデザイン技能検定3級もとりました。
この資格が役立つかと言えばそれは分かりませんが、実績もポートフォリオもないスタート地点において自分のレベルを表現するために、取っててよかったなぁと思いました。

ぜひこの短期の職業訓練を検討されているみなさんは、国試にもチャレンジしてみてください。
国試を念頭におくことで、ひとつ目標ができて良かったと思います。

国家検定「ウェブデザイン技能検定」
http://www.webdesign.gr.jp/

全て、ハンズオンで学ぶスタイルでした。先生ふたりとも現役デザイナーで講師も他でたくさんやってらっしゃるということで、かなり理解しやすく教えてくださいました。

今思えば、技術的なことだけではなくて、マーケティングなどについても教えていただいて、かなり実践的だったなと思います。

技専校以外の選択肢もお考えの方に、参考にしていただければ幸いです。