WordBench奈良でAdvanced Custom Fieldsハンズオン勉強会に参加しました

WordBench奈良に行ってきました。去年から奈良にまあまあ参加するようになりました。

新今宮から大和路快速にのれば、大阪から奈良は思ったよりあっという間です。
今日は会場が大和西大寺ということで、近鉄奈良線。

会場は簿記カフェというところでした。コーヒー付!

“WordBench奈良でAdvanced Custom Fieldsハンズオン勉強会に参加しました” の続きを読む

Welcart在庫の有無で一覧表示を変更

Welcartプラグインは、WordPressがカンタンにECサイトに変身できる魔法のプラグイン!
テーマも用意されているのでそれを利用すれば簡単にネットショップサイトが作れる!

のですが。

今回は自作テーマでWelcartを利用したかったので、その時どうしてもカスタマイズしなくてはいけなかった部分を記載しておきます。 “Welcart在庫の有無で一覧表示を変更” の続きを読む

プラグイン「Bogo」で多言語サイトを簡単に作る!

英字で会議(ぱくたそさん)

グローバル化は進む進む。
外国語対応を求められる制作も増えてきた今日この頃です。

ww

WordPressで日本語と、翻訳した英語のページを切り替えする機能が欲しいとき、とっても助かる「Bogo」というプラグインがあります。
これを利用して英語切り替え対応のサイトを作ったので、備忘録を書きます。 “プラグイン「Bogo」で多言語サイトを簡単に作る!” の続きを読む

Advanced Custom Fieldsで画像を表示するための簡単コード

Advanced Custom Fields(アドバンスドカスタムフィールド)で画像を表示させたい!
簡単でとってもシンプルな書き方は、こんな感じです。
↓  ↓  ↓

<?php if( get_field('image') ): ?>
<img src="<?php the_field('image'); ?>" />
<?php endif; ?>

本家サイトそのまんまです。
http://www.advancedcustomfields.com/resources/image/

‘image’のところですが、Advanced Custom Fieldsで設定したフィールド名を入れてください。 “Advanced Custom Fieldsで画像を表示するための簡単コード” の続きを読む

Tweet, Like, Google +1 and Shareをショートコードで表示させる

Tweet, Like, Google +1 and Shareというプラグイン。

下の画像のようにSNSボタンを簡単に設置できるプラグインです。

SNS

これをどうしてもショートコードで出したかった。
全部に出すんじゃなくってごく一部にボタン設置したかったので、各記事にショートコードで表示させたかったのです。
意外にショートコードが、ググってサクッと出てきませんでしたのでメモ。

[social4i size="large"]

短いですが、以上です。

関連記事 (YARPP) で、タイトルとイベント開催日を表示したい!

とあるサイトで関連記事を表示させたくって、WordPressのプラグインYet Another Related Posts Plugin(YARPP)にお世話になっています。

イベントのまとめサイト的なもので、記事のタイトルをイベント名にしており、カスタムフィールドに開催日、としていました。
イベントは一日だけのものと、複数日のものがありますので、開始日と、終了日を入れるという方式にしています。

そんな前提で、今回やりたいこと。

イベント名と開催日を、関連記事として表示させたい!

“関連記事 (YARPP) で、タイトルとイベント開催日を表示したい!” の続きを読む

いっぱいあるデータをCSVでいっきにWordPressに入れる方法

WordPressにはCSVでデータをパパッと一括で取り込んでくれるプラグインがあります。
以前はCSV Importerというプラグインが有名でしたが、今はReally Simple CSV Importer というすごいプラグインがあります。

日本語でも面倒じゃないよ!
ちょっと使ってみたいなぁって思ったので、レポ。後半に使い方を書いてみたいと思います。

Really Simple CSV ImporterをWordPressに入れたら、下記のようにインポートできるところが登場します。

csv1

「ツール」→「インポート」→「CSV」と進みます。

CSVファイルをサクッとここからアップロードすればOKですが、どんな風にデータをつくればいいのかわからない!という方は赤の部分、CSVのところをクリックすればサンプルファイルをダウンロードできます。

csv2

Windowsの場合であれば、メモ帳にそれをコピぺ。 ファイルを保存する際にはもちろん拡張子は.csvで。形式はUTF-8を選択しましょう。 そうして、当てはまる部分を書き足して行くと、間違いないと思います。(後述しますがGoogleドキュメントが便利です)
参考にしたWEBページ

人海戦術で100件以上のデータをせっせと入力、なんていう切なくも悲しい無駄な労働を減らすために、今回は使い方の詳細も載せてみます。
それでは、実践!!!!

CSVファイルを作って、WordPressに一括でデータをインポートする

では、「堺市のオススメ公園一覧」というコンテンツをカスタム投稿タイプで作ってみたいと思います。
カスタム投稿タイプは「sakaikouen」と名前をつけました。

それでは、おすすめ公園の内容の一覧のCSVファイルを作って見たいと思います。

今回はGoogleドキュメントを利用しました。(Windowsのエクセル使ってUTF-8にしたりなんたら、っとした時にダメになったのか失敗したので)
下記のように、各項目を当ててゆきます。項目の内容はこちらから確認できます。

今回の場合はタイトルに公園の名前を入れました。post_titleの列に浜寺公園、大泉緑地、と書きます。
post_typeはカスタムフィールドのキー。post_contentは本文です。parkadとparktelはカスタムフィールドをつかっています。
post_nameはパーマリンクの部分です。

post_title post_type post_content parkad parktel post_name
浜寺公園 sakaikouen 「名松100選」にも選ばれている、美しい松林を誇る公園です。明治6年、公園として指定された大阪で最も古い公園のひとつです。 大阪府堺市西区浜寺公園町 072-262-6300 hamadera
大泉緑地 sakaikouen 約200種32万本もの樹木、面積97haの広大な緑地公園が大泉緑地です。 花壇、大泉・・・略・・・える緑地公園です。 大阪府堺市北区金岡町128 072-259-0316 oizumi
大仙公園 sakaikouen 南北を大仙陵古墳(仁徳天皇陵)、ミサンザイ古墳(履中天皇陵)に挟まれており、園内にも小古墳が点在している。 大阪府堺市堺区百舌鳥夕雲町2丁142-1 072-241-0291 daisen
荒山(こうぜん)公園 sakaikouen 梅林は、総面積2万7,300平方メートル・昭和59年から昭和60年にかけて植栽されました。 現在、50品種・約1,400本あり、2月中旬から3月上旬に見頃を迎えます。 堺市南区宮山台2丁3番 072-291-1800 kouzen

一覧表を上記のように作り終わったら「形式を指定してダウンロード」というところでCSVを選んで保存しましょう。

WordPressの管理画面に戻り、「ツール」→「インポート」→「CSV」と進みます。
そしてそこから、咲ほどGoogleドキュメントからダウンロードしたCSVをそのままアップロードして下さい。 すると、ちゃんとカスタム投稿タイプに記事が入っています!

2014-01-04

カスタムフィールドもちゃんと反映されています。 成功成功(・ω<)

せっかく作ったカスタム投稿タイプなので、今度、それぞれにいれたカスタム投稿タイプのテンプレートの作り方や、アーカイブ、つまりまとめのページなどの作り方もこのBlogに書いてみたいと思います。