初めてのサイト制作でしくじっていたこと「id classの乱用」

ホームページをはじめて作った時、とにかく時間がかかりました。
htmlもcssも、まだあまり理解できていなかったから。

で、とにかく確認確認で、書き直し書き直し。
理解していないので、一個一個だめなところをつぶしていく作業が、最初からでした。

それは私の場合成長過程で必要だったとしても、これは避けなきゃいけなかったんじゃないか、と思ったのがこれ。

idの乱用と混乱

今思い返せば、無駄なところにidやclassをつけて、cssを書いては、やっぱり違う方法がいいと書き直し。
すると、無駄なidやclassがたくさん残り、なんだかごちゃごちゃソース。
ごちゃごちゃしてるうえに、あまりわかってないもんだから混乱する。

結果、例えばdivを消しちゃって閉じてないからcssちゃんと動かないとか、たくさんありました。

idをむやみやたらにつけずに計画的に。
そして、
まずはバリデーターでチェック。

これ、必要なんだなと痛感しました。

idとclassの使い分け

「なんでもかんでもidをつける」という必死のcss。

継承されていく法則をつかめずにいたので、ひたすらidつけてはcss書いていました。

結果、同じ名前のidを使ってしまって(多すぎてかぶる)なんだか崩れるなんて事態も・・・・

サイト制作を何個か練習して、やっと無駄なidをclassにしたり、知恵が付いてきました。
やはり何事も経験…、とはいえ、これはもっと早くに理解していれば楽だったなぁってつくづく思いました。

力づく、みたいなid id id id!は卒業!
去年のCSS見て、ながーーー!と思えるようになったので(いらん重複いっぱい)少しは成長できたなーっと、ほんの少しだけ、自分をそっと褒めます。

世間にはsassとかいう、すごいパワフルなヤツがいてるらしいので、今度はそれも学びつつ使ってみたいなーとか思っています。
(背伸び)

WordPressを勉強する

Webクリエイターコースを経て、でもまだなーーんにもできない。
ホームページにお問い合わせさえ設置する技術はない。

そんなところから、少しづつ歩み始めたある時、WordPressと出会った。

WordPressをつかえば「自分で新着情報入れたいねんー」という人にホームページを作ってあげられる。

前はWordとWordPressの違いがわからないくらい、知らなかった。けれど、本もたくさん出版されている、WordPressを大好きな方がアドバイスBlogたくさん作ってくれてて、本当に助かる。

何個かサイト作ってみました。
完全コピペで。

コピペばっかりもどうかなって思案して知ったのが「WordBench」というイベント。
月に一回、各地で勉強会が開催されている様子です。私が行ったことがあるのが、WordBench大阪とWordBench神戸。

初心者にも親切な内容の時もいっぱいあります。
意味が分からなくても、あとで意味が分かったこともあったので、これからはできる限り行ってみたいなと思っています。

そろそろ、コピペを卒業したいと思います。

WEBの勉強を始めたころに助けてもらったブログやサイト

WEBデザインの職業訓練を終えたころ、つまり何の知識もないひよっこWEBデザイナー?が誕生したその時。
私はWEBデザイナーのいない会社に就職した。。。

頼れるのはGoogle先生のみ。
そんなときに、とりあえず時間が空いたらいつも読んでいたサイト。
いまでも読んでいるサイト。

はじめのころは「何を書いているのか、問題提起の意味さえわからない」状態です。
それでも読んでいれば知識は自ずとストックされます。

わからないなりに、読んでいてよかったと思います。
そんな素敵なお助けサイトは下記。(当然な流れですが、色々な所で紹介されている定番サイトです)

コリス
http://coliss.com/

ホームページを作る人のネタ帳
http://e0166.blog89.fc2.com/

WEBクリエイターボックス
http://www.webcreatorbox.com/

WEBデザインレシピ
http://webdesignrecipes.com/

FINDJOB STARTUP
http://www.find-job.net/startup/

 

わからなかった言葉というのがたくさんありました。
たとえば「フレームワーク」とか。なにそれ、そんなボタンアルノ?的な感覚(^_^;)
それでも読んで読んで、吸収力が悪かろうとも知識は積もり積もっていくものなのだなぁと思いました。

今でもわからない言葉がたくさんあります。
でも、いまでもわからないながらに読んでいます。

まずは知らない言葉に出会うところから。

一歩一歩、ゆっくりでも前進するために、ブログにお世話になるのは大変な近道であると思います。