2016年は何してたかな?1年を振り返ってみた

年末は毎朝スタバでちょっとノマドをしてから一日をはじめているマッツォです。
昨日追加タスク発生で、年末の大掃除は普通の掃除に変更しておせちもそこそこに。

2016年ももう終わりますね、今年はいい年でした。
めちゃくちゃ愛していたペットのうさぎ、アレックス君が天国に旅立ってしまったので、それだけは悲しいですが、全体的にはめっちゃいい年だったと思います。

2015年の終わりに「クリエイター100人祭り」というイベントに行ってから「なんか働き方変えたいな〜変えられるな〜」とじわじわ考えていました。その後3月くらいに「のまカフェ」っていう変なイベント(悪口ではない)に参加。
そのころ、今行ってる派遣先の課長が「将来社員化の交渉も上にする」って言われてて、めちゃくちゃホワイト企業なのに全く乗り気になれず、そんな変すぎる自分にめっちゃ凹んでいた。
でもこのイベントのおかげで「いろんな働き方があるな」と改めて思えたイベントだったかな。フリーランスをより強く意識しはじめたの、ここらへんから。
フリーランスになったほうが絶対絶対超絶しんどいのに、そっちを選びたいと思ってる私。いまでも不思議なんだけど、やってみたいんだよ・・・・

その後夏頃に、TheCreativeというクリエイター・フリーランス・マーケッター向け社会人スクールに入ることにしました。
ジムかヨガに通おうと思っていたタイミングだったけど、どうせなら同じくらいの金額で筋トレするより脳トレしたいと思いました(わたしの頭脳CPUはCeleronデュアルコア、とよく言ってますが、2017年終わりにはCorei7くらいになる予定♡)

うさぎが店長のコワーキングスペースを南大阪に作りたい!ってずっと言ってたのですが、秋頃に、コワーキングスペースを運営している方たちにお話を聞かせていただくことができました。JUSO Coworkingさま、ひらばさまにお時間いただき、コワーキングスペースの運営について色々とおはなしいただけたのがとっても貴重なひとときとなりました。両コワーキングともクリエイターからとても愛されているあたたかみのある場所で、理想的な空間でした。

私がコワーキングを作るとしたら、難波か堺か岸和田かなと思っていますが難波はいちおうコワーキングあるし、心斎橋にはええ感じなとこがある。
堺はもう難波まで10分のところでどうなのって思うし、岸和田だと需要あるの?って思うしでまだまだ考えなきゃならんことはたっくさんですね。

そして10月ごろから前記事に書いたように「クリエイター200人祭り」運営チームが発足し、12月までひたすらイベント準備に没頭しました。
このとき、これが自分のフリーランスとしての仕事だったら?と考えてみると、まだまだ自分の脇の甘さを感じてヒヤッとすることも多かったです。
そして、フリーランスになっても、一人っきりでの仕事だけじゃなくて、こうやって人と密接にかかわるプロジェクトにも携わっていたいと思いました。
前年に自分が参加して気持ちを動かされたイベントを自分が運営として参加することになるとは、わかりやすい変化だったなと思いました。

2017年はどうする?

今まで書いたことを踏まえて一歩一歩前進するしかないなと思う2016年の瀬…、前進しながらも自分を追い込むスタイルで2017年をはじめます。
Facebookで目標を維持継続するためのグループに入れてもらっています、そこでは地道な目標を掲げたので、そこをベースにがんばること、そして他にも細かな目標はたくさんたくさん砂粒のようにあるのですが、取捨選択しながら粛々とやっていきたいと思います。

そんな多くの課題を抱えるなか、ひとつだけシンプルで言いやすい目標がありました、これは公に掲げたいと思っております。

絶対やせる!!!!

すでに一部の激太り集団でチャットワークで励まし合っているので、年末年始は大きな間違いを犯さずに年を越せると信じています。がんばれ!私!!!!

変化はあれど、ゆるやかな年だったかなと思います。
また、来年もどうぞ宜しくお願い致します。

クリエイター200人祭り レポート

はやくも年末となりましたね。クリスマスはもくもくと年賀状を作り、その後発熱するも何とか一日で平熱まで戻し、無事仕事納めを迎えました超人マッツォです。(副業は納まらないw)

さて、日本一高いビル(いまのところ)で「3年後のあなたをかえる!爆発スタート クリエイター200人祭り」というイベントを開催しました。公式Webサイト

160人ほどの方にお集まりいただきとてもありがたかったです。改めまして、ありがとうございました。

クリエイター200人祭りとは?

2016年12月18日(日曜日)あべのハルカスにて開催した、クリエイター向けイベントです。クリエイターとしての悩みやフリーランスなりたいけどどうしたらいいかななどの悩みを持った方たちに向けての、お祭り的イベントでした。

あべのハルカス25階からの眺望はさすがでした。

ハルカスからの眺望

イベントで伝えたかったこと

登壇者は「再現性の高さ」を重視してストーリーを語って下さったのですが、自分が身を置く環境の大切さを感じるお話ばかりでした。付随して、あの印象的な「食パン理論」というキーワードがでました。「食パン理論」なに? 参加できなかったぜ 気になるぜ、って方は、また会ったときにでも聞いて頂ければご説明いたします♡

再現性の高いお話だっただけあり、アンケートで「来年するべきことが定まった」という主旨のコメントが多かったです。ありがとうございます。

私の個人的なこのイベントの推しポイント(裏)は「イベント参加初めてでも怖くないよ〜」でした。初めて参加するイベントってホントにドキドキしますよね。「私まだクリエイターって名乗れるほどじゃないし」って思ったり。
私はWebクリエイターの職業訓練コースを出た頃に初めて勉強会に参加しました。コミュ障だし何も知らないしとても緊張したのを覚えています。
クリエイター200人祭りはThe クリエイター!な意識高い人たちズラリ揃ってて怖い!みたいな空気にならないように「祭り!」のイメージをキープしました(メインビジュアルや、SNSチームが「祭り感」を盛り上げてくれました)

おかげで初めてイベントに来た、という方たちにも楽しんでいただけました。そして懇親会(下写真)にも多くのかたが参加してくださり、いろんな職業の方とお話できて楽しかったです。

懇親会後

技術的な勉強会ではない、著名人を呼んでいるわけではない、しかし160人もクリエイターが集うというのはあまり見ることのできないものです、とても新鮮でした☆

実行委員として携わった内容

企画や準備

議事録によると10/11から会議がはじまっており、約2か月ちょっとこのイベントに携わりました。
最初の会議では、だれがどんな人で、何ができるのか、何したいのかもワカラナイ状態。お互い自己紹介からはじめました。
その後、イベントの主旨を決め、会場を決め。どんな風に告知をするか、などいろんなことをPDCA・・・でした。

2ヶ月の間濃密すぎて、もはやあの新鮮な自己紹介いつだったんだろうというくらい昔のように感じます。

LP制作

もともとサブリーダーがBootstrapで猛スピードでたたき台を作ってくれていたものにデザインを盛っていく、という感じの分担となりました。超短納期!急きょメインビジュアル担当してくれることになったさらえみさんと、登壇者でメンター役の片岡さんで、チーター(※後述)の勢い全開で、チャットワークでコミュニケーションとりながらぐいぐい押し進めました。
反省点ですが、mixinにしそびれたまま後々「けっこう使うやんこのパーツ!」なシーンがいっぱいあって、でもその後も結局mixinにしないまま不便を感じながらも目先の作業ササッと終わらせるということがありました。最初って肝心ですね。

期間限定の企画や、後から入れるセクションとかもあり、もっと使いやすい仕組みで作りたかったなー、って勉強になりました。制作したLPはこちら

告知

この頃の私のTwitterとFacebookは告知で埋まっております。そしてふと見渡せば「LINE」でしかつながってないクリエイターさんがいっぱい!ということもわかり、LINEのタイムラインにも載せてみました。
ふだんはみなさんのお子さん情報が中心のタイムラインに告知が挟まると思うと、ちょっとアウェイ感半端なかったですw
イベント終了後にもLINEにありがとうの投稿をしましたが、いま派遣でいっている企業の方が「あれなんですか」と興味を持っていただいたのでありがたかったです。クリエイターの近くにいる発注者側の人たちに興味をもっていただいた、というのが嬉しく思いました。

告知期間に会った友人にはチラシをもらっていただきました。受け取っていただいた皆さんありがとうございます、そして他の人にも渡すよ、と数枚もらってくださった皆さんさらにありがとうございました。
SNSで拡散協力をしてくださった方もいます。ありがとうございました。

その他準備などなど

私は携わっていなかったのですが、Facebook広告の影響力を間近でみることができたのはとても良かったです。
あと、エキスパートスタッフさん(協賛企業)のメインビジュアルにもドーンと載せていただいて、多くの方にイベントを知っていただけました。

豪華な応援メッセージをもらえたのは、本当に本当に嬉しかったです。

あとは、ベタな対談スライドも作りましたw
イケメンズが映えるでしょw

福田村松

それから、司会の補助もすることになり、めちゃくちゃ柄じゃないのですが(楽しくてもそんなにハイテンションにならない気質)司会の横につかせていただきました(来年の実行委員には、早めに司会を見つけておくようにアドバイスしよ・・・)

意外な発見もありました。私はクリエイター前の職で、ビックサイトやインテックス大阪でけっこうなコマ数で展示会をするという担当をしていたことがありまして、その時の勘が生きたなと感じることがいくつかありまして、意外に役立った以前のスキルにも気づくことができました☆

☆余談☆

さきほど後述すると言った「チーター」とは。どうぶつ占い(個性心理學)と言われるもので、LPに携わった4名がたまたま、チーターの属性を持っていました。チーター属性の人はスピード重視。(どうぶつ占いで登場する動物は、本質・表面・意志・希望、4つの動物があります)
詳しくは書きませんが、どうぶつ占いしてみたいっていう人は、私と会った時に「やって〜」とお気軽に声かけて下さいな。

おすすめイベント

クリエイター200人祭り内でも告知があったんですが、フリーランスカレッジというめっちゃ濃厚な講座が開催されます。

200人祭りのときには「しゃべり場」という名の座談会コーナーで「独立」のグループに参加した人がかなり多かったですね!なので、フリーランスカレッジのことは再度おすすめしておきたいと思います。
料金面だけで見てもめちゃくちゃお得だなと思うので、ぜひWebサイトをご覧ください。

料金の話をすこし掘り下げますと、例えば宣◯会議さん。マーケティング戦略講座/10:00-17:20/30名/50,000円くらい。わたしもこれ系を受講しましたが、まず人数が多いとなかなかコミュニケーション取りにくいし、ほぼ聴講型となってしまいます。

対してフリーランスカレッジ。
4日間(講座内容は色々すぎてサイト見て)/10名/50,000円/アフターフォローまである。
これもまた「再現性」を重視している講座とのことなので、聞いたからには「実践しないとな〜しないとな」で日々が過ぎるということもないと思いますので、やはりお得すぎます。

おまけ☆ ホントは教えたくないw お得情報

200人祭り・フリーランスカレッジ両方で登壇されるカッシーさんの企画で、2/28まで「Creative Happy Life 拡散キャンペーン」を展開されています。ツイートで豪華賞品が当たります。ペンタブ!私は絵がうまくなりたい願望があるからペンタブを応募ポチしましたが、よく考えたらPCのスペックがイマイチなのでPC買い換えることを考えてUSB Type-C ハブにするべきなのかもしれない(応募し直そうか思案中です)豪華なこのチャンスをお見逃しなく!

まとめ

イベントの実行委員やってよかったなと思っています。この2か月で実行委員の仲間たちとは5年くらいの付き合いがあるかと思うほどお互いのことを知り合えました。

今、派遣社員+副業という働き方をしていますが、日中拘束されているということにとても不便を感じました。次になにかイベントに携わる時には日中も調整が可能な働き方をしていたいと強く思いました。(イベントのためだけではないですが)

イベント運営を通して自分の強化すべきことなどたくさん知ることができましたし、意外な強みも発見できました。このような機会にめぐまれて本当によかったなと感じています。

☆追伸☆ 他のイベントを主催されている方たちの偉大さも感じました。いままでも感謝はしていましたが、感謝の気持ちはとても深くなりました。いつもありがとうございます。

 

 

私が手ぬぐいを愛する理由

うさぎ雑貨クリエイターのマッツォです。
うさぎ雑貨を気が向いた時に販売している私ですが、うさぎ雑貨を集めるのも大好きです。

先日、京都でふらりと入った手ぬぐい屋さんで購入、うさぎ柄の手ぬぐいを購入しました。

なぜ手ぬぐいなのでしょう、なぜタオルハンカチではないのでしょう。

今回はうさぎ柄の魅力は少し横に置いておいて、手ぬぐいの魅力をお伝えしたいと思います。

手ぬぐいのいいところ

手ぬぐいについてネットで検索すると、使い道がたくさん出てきます。

額縁に入れて飾ったり、縫わずにブックカバーにしたりペットボトルカバーにしたり、縫ってランチョンマットにしたり、小物やらバッグやらに変身。

風呂敷もそうですが、大きく加工のない布と言うのは何にでも変身してくれます。

どれも可愛い……のですが、私は実はハンカチとして持ち歩く一択で手ぬぐいを使っています。

機能面

私が気に入っているのは「乾きやすい」ということ。

タオルハンカチと比べ、うすい手ぬぐいは本当に乾きやすいので衛生的な気持ちで使えます。

また、何年も持ちます。タオルハンカチはヘタってきますが、手ぬぐいはまったく劣化しません。

デザイン

注染は特に色が美しいです、大柄な手ぬぐいは額縁に入れて飾りたくなるのもわかる、とても魅力的なデザインが多いです。

手ぬぐいを持ち歩く派の私は、折りたたみ方によって見える部分が違うのを楽しんでいます。細かいお花模様が見えている時もあれば、2色くらいがどーんと面に出ている時もあり、毎日の小さな楽しみとなっています。

【堀井】 注染 手ぬぐい 「 月 」 ~ 秋 月見花 ~ 【堀井】 注染 手ぬぐい 「 戌(いぬ) 紺」

うさぎと手ぬぐい

私が手ぬぐいにハマったきっかけは、うさぎ柄の多さでした。和のものなので、うさぎ柄に出会いやすいのです。

プレゼントにも最適

手ぬぐいはだいたい平均1,200円〜1,800円程度と、ちょっとしたプレゼントに良い価格。クリスマスプレゼントにプラスするのも有りだなと思います。
そして柄の種類が豊富で、男女を問わずプレゼントする相手の好みのものが描かれた柄を見つけやすいです。例えば、相撲がすきなひとに、登山が好きなひとに。お正月には宝船の手ぬぐいをプレゼント(この柄もらっても!って思うような柄も折りたたんで一部が見えるときれいで楽しい)

注染手ぬぐい 手拭 決まり手 704 37×98cm kenema 注染手ぬぐい 和楽 富士山 36×90cm 51658 kenema 和雑貨 注染手ぬぐい 『縁起』 宝船 36×90cm

おすすめの手ぬぐい屋さん

私は、大阪の中崎町にあります「にじゆら」さんを推します。http://nijiyura.com/shop/

色合い(何回も言ってる折りたたんだ時に出てくる部分の絶妙な感じも)ダントツでかわいいと思っているのと、大阪駅のルクアや中崎町と、とても立ち寄りやすい場所にお店があるのでプレゼントに迷われたときはぜひ一度てぬぐいも候補に入れてみてはどうでしょうか。


告知
☆クリエイター200人祭り☆

2016/12/18@あべのハルカスにて開催します。
クリエイター、クリエイターと働く人、クリエイターになりたいと思っている人。
だれでも参加できます。
詳細はこちら http://thecreative.jp/bakuhatsu2016/