過去問よりも本番が数段難しかった件

技専校の試験当日、寒い中パンストの裏にカイロを貼って迎えた試験。
Youtubeで勉強した結果、学生時代のカンをほんの少し取り戻したものの、結論は「惨敗」でした。

車で行けばもう黄色いはっぴを着た先生方が誘導に立っていらっしゃって、駐車場に案内されました。

そして、正面玄関に並んで受付。
並んだ順に受験番号が決まるようです。

つまりこの順番が早ければ、試験の後の面接の順番も早く、帰れる時間もそれだけはやいということ。
はやいに越したことはないと思います。

難問「筆記試験」

試験そのものですが、数学が「図形」問題、難しかった(まったく勉強してなかった)。
また、国語が想像以上に難しかったです!

私は学生時代、国語がそれなりに得意でした。
そして私の夫はそれはそれは語彙も豊富で文章力もある、国語力のある人。

ふたりとも知らなかった慣用句などざくざく出てきました。

例えば「十日の菊、六日の○○」これに入るコトバな~んだ。って・・・
そんなコトバはじめて聞いたがな!!!!

4択でしたので、消去法しか無いですよね。

  1. 薔薇
  2. 百合
  3. 菖蒲

「菊」とマッチしてかつ「六日」ともマッチ。菖蒲?と言った具合でした。ちなみに正解は菖蒲でOKです。

こんな具合でもうテストが終わった頃には思ったよりも回答できなかったことから「面接もうええから帰りたいわぁ」なんてうっすr思っていた私です。

ちなみに以前記事に書いたルートの展開、出題されましたよ。

この話を家でしますと、夫は「皆できていないと思うから大丈夫」と言ってました。
そうだったのかもしれないな。

職業訓練の選考試験の「面接」

帰りたい気持ちはさておき、面接会場まで移動。

面接してくれたのは、説明会で案内してくれたおっちゃんだ!(いえ、先生様です)

今後のビジョンなどを聞かれました。

正直、今後のビジョンと言っても、「学校の面接で伝えるビジョン」にピンとはこなかったんですけれども、
プログラムを学び身に付けるとともに、実務に就いたらディレクション能力も向上させたいということを伝えました。

個人的にはそれをどんどんスキルアップして、ゆくゆくはフリーでやっていくことが将来のビジョンでしたが、「就職」のために技術を学びに行く学校でそれを伝えるのもどうかなぁと思い、そこは伝えませんでした。

あとは、面接内で、1分自己PRも、ありました。

これ、緊張しました。
が、厳格に1分を計るわけではないので、ゆくゆくは控える就職活動の際にも伝えたい自分の強みをひとつ言えばいいかなと思います。

合格発表

そんなこんなで、本日ネットにて合格発表、合格通知は郵送を希望したので数日後に届くことでしょう。

無事合格でした。
ちなみに学力の弱い私が合格したのは、YouTubeでわかりやすくあらゆる勉強を教えてくださっている葉一(はいち)先生のおかげです。
子どもだけでなく大人まで救う講師さま・・・・ほんとうにありがとうございました。

筆記試験が不安な方は是非YouTubeで勉強するのをオススメ致します。

それでは、みなさま良き受験ライフを!

 

この記事にコメントを残す