退職から入学までの流れ(私の場合)

今回は私が仕事を辞めようと思ってから学校に入校するまでの流れやその周囲のことをまとめてみました。
いろんなタイミングがあると思うのですが、参考になれば幸いです。
仕事を辞めるにも、できる状況であれば計画や下調べなどは大事だと思います。

  1. 辞めたい・・・ウズウズ(7月)

    何の通知もなく静かにボーナスが1円も無かったつらたん(←正社員)
    これはそろそろ将来を考える時期では?と思い始めた・・・夏。

  2. 辞めよう(10月)

    残暑を感じるが社内のマネーは木枯らし。

  3. 職安にフラッと立ち寄る(11月)

    ”辞める辞める詐欺”になりがちな「辞めたい~」を解消するためにふらりとハローワークに寄り、職業訓練窓口へ。
    そこで1年も通える職業訓練コースの存在を教えてもらい、自分に足りないスキルと合致したため、強く魅力を感じた。

  4. 学校見学会に行く(12月半ば)

    学校に実際行っての見学会が催されていた。早速有給休暇を取り見学。
    仕事を辞めるべき日もこの日にハローワークに確認し、退職日を確定させた。

  5. 退職届(見学会翌日)

    そっと退職届を提出。
    会社が認めてくれず辞められません、と相談いただくことも多いですが、「辞めるか辞めないか」というのは会社が決めることはできなくて、ご自身が辞めると決めたのであればただ辞めるのみ。
    ここで揉めたとしても会社が辞めたいという人をひきとめることはできないので、粛々とコトを運ぶしかありません。

  6. 有給消化(1月末~)

    有給消化を却下される可能性も視野に入れていたが、私の前に辞めた人の前例のおかげで難なく1ヶ月ぶん溜まっていた有給を取得。
    ストレスや体力の回復により半年悩まされた蕁麻疹が完治した。この期間に受験勉強である。

  7. 学校入試

    国語/数学/面接、による選考試験。非常に問題は難しかったし、面接でまさかの1分自己PR!という想定外だらけであった。

  8. 学校合格通知

    WEBで番号を確認。翌日書類が届く(郵送は希望者のみだが、希望しておくことを強くおすすめする)

  9. 退職(2月末)

    有給でダラダラと過ごしておりまだ仕事を辞めてなかったことさえ忘れそうになっているが、最終の退職日2月末日。退職金の金額を知りたいと伝えておいたが教えてもらえず今後の生活の設計ができずに不安であった。(でもちゃんとくれたよ!)

  10. 離職票をもらう(3月初旬)

    経理の人が気を利かせて早く離職票を発行してくれた。
    学校入校にあたって、受給金額の確定は必須なので、とてもとても助かった。

  11. 職安に失業の手続き(離職票を手にした翌日)

    雇用保険の申請を行なう。
    ここで少しでも時間短縮をしたいのであれば、この日以前にハローワークカードを作成しておくといい。

  12. 健康保険や年金の手続き

    手続きついでに健康保険や年金の手続きを市役所で行った。
    ここで「会社都合」でやめていると大きく国民健康保険の割引率が変わってくる。(私は自己都合だった)

  13. 学校入学説明会(3月初旬)

    再度学校に行って、入学のための必要なものなどを聞いた。
    クラスのメンバーが判明する日でもある(2次募集枠でもう少し入ってくるだろう)

  14. 必要書類の収集(健康診断もあるよ)

    入学説明会で指定された授業料減免の書類やその他学校に提出する書類を集める。

    提出書類の中には健康診断もあり、身長/体重/視力/聴力/検尿/胸部X線/血圧、が診断項目である。

  15. 雇用保険説明会(3月後半)

    ハローワークで雇用保険を受給するための条件を学んだり、受給金額が判明したりする説明会。

  16. 入学式(4月9日)

    式典なので服装に注意と言われたので、スーツで登校。
    だいたいの人がスーツでした(パーカー・ジーンズの人も稀にいたけども、スーツがおすすめやで・・・・)

以上。

ざっくりとした流れはこんな感じでありました。

この記事にコメントを残す