私が手ぬぐいを愛する理由

うさぎ雑貨クリエイターのマッツォです。
うさぎ雑貨を気が向いた時に販売している私ですが、うさぎ雑貨を集めるのも大好きです。

先日、京都でふらりと入った手ぬぐい屋さんで購入、うさぎ柄の手ぬぐいを購入しました。

なぜ手ぬぐいなのでしょう、なぜタオルハンカチではないのでしょう。

今回はうさぎ柄の魅力は少し横に置いておいて、手ぬぐいの魅力をお伝えしたいと思います。

手ぬぐいのいいところ

手ぬぐいについてネットで検索すると、使い道がたくさん出てきます。

額縁に入れて飾ったり、縫わずにブックカバーにしたりペットボトルカバーにしたり、縫ってランチョンマットにしたり、小物やらバッグやらに変身。

風呂敷もそうですが、大きく加工のない布と言うのは何にでも変身してくれます。

どれも可愛い……のですが、私は実はハンカチとして持ち歩く一択で手ぬぐいを使っています。

機能面

私が気に入っているのは「乾きやすい」ということ。

タオルハンカチと比べ、うすい手ぬぐいは本当に乾きやすいので衛生的な気持ちで使えます。

また、何年も持ちます。タオルハンカチはヘタってきますが、手ぬぐいはまったく劣化しません。

デザイン

注染は特に色が美しいです、大柄な手ぬぐいは額縁に入れて飾りたくなるのもわかる、とても魅力的なデザインが多いです。

手ぬぐいを持ち歩く派の私は、折りたたみ方によって見える部分が違うのを楽しんでいます。細かいお花模様が見えている時もあれば、2色くらいがどーんと面に出ている時もあり、毎日の小さな楽しみとなっています。

【堀井】 注染 手ぬぐい 「 月 」 ~ 秋 月見花 ~ 【堀井】 注染 手ぬぐい 「 戌(いぬ) 紺」

うさぎと手ぬぐい

私が手ぬぐいにハマったきっかけは、うさぎ柄の多さでした。和のものなので、うさぎ柄に出会いやすいのです。

プレゼントにも最適

手ぬぐいはだいたい平均1,200円〜1,800円程度と、ちょっとしたプレゼントに良い価格。クリスマスプレゼントにプラスするのも有りだなと思います。
そして柄の種類が豊富で、男女を問わずプレゼントする相手の好みのものが描かれた柄を見つけやすいです。例えば、相撲がすきなひとに、登山が好きなひとに。お正月には宝船の手ぬぐいをプレゼント(この柄もらっても!って思うような柄も折りたたんで一部が見えるときれいで楽しい)

注染手ぬぐい 手拭 決まり手 704 37×98cm kenema 注染手ぬぐい 和楽 富士山 36×90cm 51658 kenema 和雑貨 注染手ぬぐい 『縁起』 宝船 36×90cm

おすすめの手ぬぐい屋さん

私は、大阪の中崎町にあります「にじゆら」さんを推します。http://nijiyura.com/shop/

色合い(何回も言ってる折りたたんだ時に出てくる部分の絶妙な感じも)ダントツでかわいいと思っているのと、大阪駅のルクアや中崎町と、とても立ち寄りやすい場所にお店があるのでプレゼントに迷われたときはぜひ一度てぬぐいも候補に入れてみてはどうでしょうか。


告知
☆クリエイター200人祭り☆

2016/12/18@あべのハルカスにて開催します。
クリエイター、クリエイターと働く人、クリエイターになりたいと思っている人。
だれでも参加できます。
詳細はこちら http://thecreative.jp/bakuhatsu2016/

カテゴリーBLOG

この記事にコメントを残す